タイプ別PMSの対処法 part3
むくみ・体重の増加水滞タイプ



月経前は黄体ホルモンの分泌が増え、身体に水分などを溜め込もうとします。その結果身体がむくんだり、体重が増えるなどの結果になったりするんだそうです(>_<)

こうした状態を招きやすいのは胃腸の働きが弱くなってる人に起こりやすいとか。

気になる症状

[月経前]むくみやすい、太りやすい

[その他]痰が多い、吐き気、食欲不振、めまい、軟便
など

食の養生

・きゅうり
・すいか
・はとむぎ
・もやし
・冬瓜
・あずき
・春雨 などなど


まずは日頃から胃腸の働きを健やかに保つことが大事だそうです☆




| - | 17:00 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
タイプ別PMSの対処法 part2
痛み・冷え瘀血タイプ


血は気と一緒に流れているため、ストレスなどで気の巡りが停滞すると瘀血を招きやすくなるそうです。
また血は暖かいとスムーズに流れ、冷えると停滞するという特徴があるため、日頃の不摂生などで血行障害(瘀血)を招きやすくなる。その結果痛みやしびれなどの不調を起こしやすくなるとのことでした。



気になる症状

[月経前]痛みが強い(頭痛、胸痛、腹痛など)、肩こり

[その他]冷え症、手足のしびれ、月経痛が強い、月経血が黒っぽく塊が多い
など

食の養生

・みかんの皮
・しょうが
・ナガネギ
・玉ねぎ
・よもぎ
・シナモン
・黒糖
・サフラン などなど


冷え症体質の人は、日頃から冷えを予防すること大切なようです。
暖かい飲食、毎日の入浴など身体を暖めるように心がけ、血行のよい状態をためてるといいですね☆
| - | 17:00 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
タイプ別PMSの対処法 part1
イライラ・怒りっぽい気滞タイプ


肝臓は血を蓄え、血量の調整や、ストレスを発散させ気の巡りをスムーズに保つ働きがあるそうです。
そのためストレスが過剰になると、ダメージが肝の機能を低下させてしまうこともあるのだとか(>_<)

結果、気の流れが停滞し、ストレスをうまく発散できず、イライラや怒りといった精神的不調が起こりやすくなるそうです。



気になる症状

[月経前]イライラ、怒りっぽい、頭痛、肩こりなど

[その他]ストレスが多い、熱っぽい、口の渇き、過食、月経時の下腹部痛・張り
など

食の養生

・みかんの皮
・ミント
・ジャスミン
・うこん
・黒きくらげ
・たけのこ などなど


PMSでよく観られるタイプで、症状がそれほど重くないケースも多いので、積極的なケアで改善を目指していきましょうとのことでした。
まずは肝を健やかに保ち、体内の気をスムーズに巡らせられたらいいですね(^-^)
| - | 10:00 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
女性が感じる月経前の不快感って?
月経前に現れる、イライラ、落ち込み、胸の張り・痛み、頭痛など、多くの女性が感じたことがあるのではないでしょうか?

こういったさまざまな不調を【月経前症候群(PMS)】と呼ぶんです☆

ちなみに私自身も月経前になると胸が張ったり、頭がいたかったりとなんとなく症状があったりします(>_<)


一人一人の体質や症状にあった養生などで少しでも不調を和らげられれば月経ともうまく付き合えるのではないでしょうか。

という事で、今回のテーマは【月経前症候群(PMS)のタイプ別対処法】です(^-^)
| - | 17:30 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
体質改善でダイエットpart3
エネルギー不足で代謝が落ちやすい虚弱タイプ



胃腸の働きが弱いと、食事の栄養からエネルギーを十分にうみだせないので、身体の根本的なエネルギーが足りず基礎代謝が低下しがちに。疲れやすく身体を動かすこともおっくうになり、その結果脂肪が十分に燃焼されず食べないのに太るという状態になっしますそうです(T_T)


気になる症状

太り気味、痩せにくい、疲労感、息切れ、汗が多い、風邪をひきやすく治りにくい、食欲不振、冷え症 など

食の養生

・キノコ類
・りんご
・山芋
・カボチャの種
・くるみ
・キャベツ
・赤身肉
・ゴマ
・米
・落花生 など



体内の気(エネルギー)を充実させることが大切です。無理に食事制限するのではなく、身体を動かすなどして脂肪を燃焼できる体質作りを目指してみましょう。




| - | 17:30 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
体質改善でダイエットpart2
リンゴ型肥満に多い瘀血タイプ




油っこいものや甘いものの摂りすぎ、慢性疾患、加齢などが原因。


気になる症状

主に内臓脂肪型肥満、顔色が暗い、シミが多い、痛みの症状(頭痛、生理痛、関節痛など) など

食の養生

・玉ねぎ
・ひじき
・そば
・ピーマン
・うこん
・ところてん
・なす
・お酢
・もずく など



このタイプは動脈硬化症や狭心症、糖尿病といった生活習慣病につながりやすいので要注意だそう(>_<)
脂っこい食事はなるべく控えて腹八分目の食事を心がけることが大事だそうです。また、血液サラサラ食材を積極的にとるなど、血流をスムーズに保つように心がけてみましょう(^-^)




| - | 17:30 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
体質改善でダイエットpart1
洋ナシ型肥満に多い痰湿タイプ


胃腸の働きが弱い、あるいは暴飲暴食、冷たいものや水分の摂りすぎなどで胃腸が弱っているタイプ。


気になる症状

主に皮下脂肪型肥満、痰が多い、むくみ、食欲旺盛、便秘、口の乾きなど

食の養生

・冬瓜
・春雨
・とうもろこしの髭茶
・はとむぎ
・こんにゃく
・ところてん
・海藻類
・もやし
・大根 など



このタイプは過食に注意してバランスよい食事をとる、冷たいものは控えて胃腸に負担をかけないなどがいいそうです(^-^)
| - | 17:00 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
まずは体質チェック☆
あなたの体質はどのタイプ?


まずは自分の適正体重や、BMIを知りましょう(^-^)

適正体重

身長(m)×身長(m)×22=適正体重


BMI

体重(?)÷身長(m)÷身長(m)=BMI値

【一般的なBMI値の目安】
18.5以下:低体重
18.5以上25.0未満:普通体重
25.0以上:肥満



肥満タイプと体質

肥満は脂肪のつき方によって2つのタイプにわかれてます。

洋ナシ型肥満(皮下脂肪型肥満)

腰回り、太もも、お尻など、主に皮下組織に脂肪が蓄積し、下半身の肉付きがよくなるタイプ。
皮下脂肪がつきやすい女性に比較的多く見られるそうです。

【体質】胃腸の働きが弱い「痰湿タイプ」

リンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)
内臓脂肪が過剰に蓄積し、ウエストまわりが大きくなるタイプ。比較的男性に多く、一見太って見えないので、“隠れ肥満”と呼ばれることも。

*簡易な目安:ウエスト周囲径が、男性85?以上、女性90?以上

【体質】ドロドロ血で血行が悪い「瘀血タイプ」



この他エネルギー不足で代謝が落ちやすい「虚弱タイプ」なども、肥満につながる体質と考えてるそうです。


さて、次回からタイプ別に体質改善をのせていこうと思います(^-^)/
| - | 17:00 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
ダイエットの時期?!
だんだん暖かくなり薄着の時期が近づいてきました。
そこで考えるのが、ダイエットかと思います。
でも、無理なダイエットは体調不良や肌荒れなど注意が必要です。

今回は肥満タイプ別での体質改善ダイエットをのせていきたいと思います(^-^)/
| - | 17:30 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
免疫力アップ part4
腎が弱い人…


腎の働きが低下すると身体全体に影響し、全身の虚弱症状が現れるようになります。
その結果、身体が持つ本来の生命力が低下して、免疫力も弱まってしますそうです。


腎は加齢と共に衰えていくため、とくに不調を感じない人も日頃からのケアを意識することが大切だそう。

また、高齢者や子供、慢性疾患を患っている人などは特に腎の働きが弱くなりがちなので、積極的な養生を心がけ、腎の働きを健やかに保つようにしましょうとのことです☆



気になる症状


耳なり、めまい、聴力の低下、頻尿、腰痛、精力の減退、足腰に力が入りにくい

など


食の養生…腎の働きを整え精を養う

・山芋
・羊肉
・黒ごま
・なまこ
・くるみ
・エビ
・松の実
・ひじき
・にら など





Check
| - | 17:30 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
矢内原ウィメンズクリニック
産婦人科ってちょっと行きにくい場所。 そんな感じをちょっとでも無くせれば。 待合と診察室を別空間に、ちょっと雰囲気を変えて。 ちょっと違うクリニックを目指してます。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE